男女7人夏物語 DVD4巻組【代引手数料無料】

男女7人夏物語 DVD4巻組【代引手数料無料】


男女7人夏物語 DVD4巻組【代引手数料無料】

日本中が泣いて、笑ったトレンディドラマ。タイトルロールにある「男女7人」を、連続ドラマ初主演となる明石家さんま、後にさんまと私生活でも結ばれる大竹しのぶ、お笑い芸人として人気の片岡鶴太郎、二枚目奥田瑛二、そして池上季美子、賀来千香子、小川みどりと、バラエティに富んだメンバーが演じた。このキャスティングが功を奏し、それまで熱演派のイメージが強かった大竹が、さんまとの軽妙なやりとりを見せたり、逆に油ぎったキャラが売りだった鶴太郎のシリアスな演技が注目されたり、さまざまな意味で新しい才能がここから羽ばたいた。舞台は隅田川にかかる清洲橋。そのほとりのマンションに住む旅行代理店勤務の良介(さんま)と、フリーライターの桃子(大竹)を軸に、鎌田脚本では定番の“家に集まる仲間”から恋愛へと発展する複数の物語を、テンポよく描ききっている。石井明美の歌う主題歌「CHA-CHA-CHA」も大ヒットし、翌年には続編「男女7人秋物語」が作られた。
人気商品です!お早めにどうぞ♪

>>>>>価格と詳しくはこちら→男女7人夏物語 DVD4巻組【代引手数料無料】

>>>>>ここのショップから他の商品をご覧になる場合はこちら→便利GOODS通販

>>>>>冗談じゃない!の大竹しのぶ関連をご覧になるには→クリック

男女7人夏物語 DVD4巻組【代引手数料無料】


    ・・・続きを読む
posted by noriko

大竹しのぶ/学校III

大竹しのぶ/学校III


大竹しのぶ/学校III

ジャンル:邦画
アーティストカナ:オオタケ シノブ
アーティスト:大竹しのぶ
商品名:学校III
品種:DVD
発売日:2006/11/22
品番:DA-1793
内容:監督・原作・脚本:山田洋次 原作:鶴島緋沙子「トミーの夕陽」 脚本:朝間義隆 音楽:冨田勲 出演:大竹しのぶ/黒田勇樹/田中邦衛/小林稔待 〈映像特典〉予告篇集/山田洋次監督 自作を語る
人気商品です!お早めにどうぞ♪

>>>>>価格と詳しくはこちら→大竹しのぶ/学校III

>>>>>ここのショップから他の商品をご覧になる場合はこちら→アサヒレコード

>>>>>冗談じゃない!の大竹しのぶ関連をご覧になるには→クリック

大竹しのぶ/学校III


    ・・・続きを読む
posted by noriko

大竹しのぶ 作品紹介

大竹しのぶ 作品紹介

出演

[編集] テレビドラマ
ボクは女学生(1973年、フジテレビ) デビュー作
水色の時(1975年、NHK朝の連続テレビ小説) - ヒロイン役
太陽にほえろ! 第276話「初恋」(1977年、日本テレビ・東宝)
新・座頭市第2シリーズ 第4話「蛍」(1978年、フジテレビ・勝プロダクション)
徳川家康(1983年、NHK大河ドラマ)
男女7人夏物語(1986年、TBS)
男女7人秋物語(1987年、TBS)
オレゴンから愛
世にも奇妙な物語『ニュースおじさん』(1991年、フジテレビ)
ひとの不幸は蜜の味(1994年、TBS)
存在の深き眠り(1996年、NHK)
Dear ウーマン(1996年、TBS)
元禄繚乱(1999年、NHK大河ドラマ)
オードリー(2000年、NHK朝の連続テレビ小説)
優しい時間(2005年、フジテレビ)
少しは、恩返しができたかな(2006年、TBS)
冗談じゃない!(2007年、TBS)

[編集] 映画
青春の門(筑豊篇)(1974年、東宝、ヒロイン織江役)
続・人間革命(1976年、東宝)
青春の門〜自立篇〜(1977年、東宝)
聖職の碑(1978年、東宝)
事件(1978年、松竹)
鬼畜(1978年、松竹)
あゝ野麦峠(1979年、新日本映画)
麻雀放浪記(1984年)
いこかもどろか(1988年、東宝 明石家さんまとの結婚のきっかけとなった)
GONIN2(1996年、松竹)
学校V(1998年、松竹)
鉄道員(1999年、東映)
黒い家 (1999年、松竹)
GO(2001年、東映)
阿修羅のごとく(2003年、東宝)

[編集] 舞台
みかん
奇跡の人
贋作 罪と罰
パンドラの鐘
マクベス
売り言葉
太鼓たたいて笛ふいて
欲望という名の電車
エレクトラ
喪服の似合うエレクトラ
メディア
ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?
スウィーニー・トッド

[編集] バラエティ
笑っていいとも!(テレフォンゲスト)
中居正広の金曜日のスマたちへ(準)
しのぶ・えり子のふ・ふ・ふ

[編集] コマーシャル
富士通 携帯電話 (2005年)
マスターカード(2006年)
資生堂 「AQUALABEL/アクアレーベル」(2007年)
『紫外線篇』
『いまの私篇』 など?

[編集] 著書
『私一人』(2006年、幻冬舎)
自伝。自身の生い立ちや2度の結婚生活について触れている。また、2人の子の顔写真もこの本で初めて公開されている。

[編集] 受賞歴
1975年 キネマ旬報助演女優賞
1975年 ブルーリボン新人賞
1975年 エランドール賞
1978年 芸術選奨文部大臣賞新人賞
1978年 キネマ旬報助演女優賞
1978年 報知映画賞助演女優賞
1979年 日本アカデミー賞主演・助演女優賞
1986年 ブルーリボン賞助演女優賞
1987年 報知映画賞主演女優賞
1991年 放送文化基金賞テレビドラマ部門特別賞
1992年 キネマ旬報最優秀主演女優賞
1992年 毎日映画コンクール田中絹代賞
1999年 毎日映画コンクール主演女優賞
1999年 ヨコハマ映画祭主演女優賞
2000年 日本アカデミー賞主演女優賞
2003年 紀伊國屋演劇賞個人賞
2003年 朝日舞台芸術賞
2003年 読売演劇大賞・最優秀女優賞
2003年 モスクワ国際映画祭最優秀女優賞
2004年 芸術選奨文部科学大臣賞
2005年 日本ジュエリーベストドレッサー賞40代部門


大竹しのぶ 作品紹介


    ・・・続きを読む
posted by noriko

大竹しのぶ

大竹しのぶ

大竹 しのぶ(おおたけ しのぶ本名同じ、1957年7月17日 - )は、女優・タレントである。血液型はA型。東京都品川区出身。東京都立小岩高等学校、桐朋学園短期大学演劇専攻科卒業。迫力のある演技には定評がある。賞歴は芸術選奨文部科学大臣賞、日本アカデミー賞主演女優賞他。

一男四女の三女。父親は元高校教師。
小学校の時の作文で既に「舞台女優か先生になるのが夢」と書いていた。
1973年、フォーリーブスの北公次主演のテレビドラマ「ボクは女学生」にて、北公次の相手役が一般公募された。これに応募した大竹は見事合格し、芸能界デビューを飾る。 その後、映画『青春の門(筑豊篇)』と、NHK朝の連続テレビ小説『水色の時』のヒロインで一気に注目された。
1982年に演出家の服部晴治と結婚し、長男をもうけたが、1987年に死別。
1988年にタレントの明石家さんまと再婚し、長女をもうけたが、1992年に離婚した。(再婚時の本名:杉本 しのぶ)離婚後も仲が良く、家族ぐるみでの交流が続いている。さんまがテレビなどでしのぶのネタを面白おかしく話し、そこにしのぶから突込みが入るパターンは定番。
1990年代には、演出家・野田秀樹と同棲生活を送っていることを公表していた。本人は現在でも「野田さんには感謝している」と自書やテレビで述べている。しかし彼女の男性遍歴やワガママな発言などから一部で彼女に対する賛否が分かれている。
『とんねるずのみなさんのおかげでした』の新・食わず嫌い王決定戦では、泉谷しげるとともに、いまだ一勝もあげることができず(お互いに嫌いな物がバレバレなので)、最弱の座を争っている。

大竹しのぶ


    ・・・続きを読む
posted by noriko

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。